不思議な力

パワーストーンの基礎知識

パワーストーンの力が弱くならないように
パワーストーンは、ただ持っていれば効果が得られるというわけではありません。
石を愛し、石の力を信じながら使用することで、石のパワーを吸収することができます。

浄化する
そのためには、パワーストーンを定期的に浄化する必要があります。
浄化する方法には種類があり、石によって適した浄化方法が異なります。
間違った方法で浄化してしまうと、石が壊れてしまったり変色しますから、使う石の浄化方法について必ず理解しておくようにしましょう。

もし石が欠けてしまったら
使い続けていると、石が欠けてしまうことがあります。
そんなときには、石を土に3ヶ月程度埋めておきましょう。
欠けた石の形は元通りになることはありませんが、埋めることで石のパワーをよみがえらせることができます。

石が変色したら
太陽光に当ててしまうと、変色してしまうパワーストーンがあります。
太陽光が原因で変色したら、もうその石の色は元には戻りません。
新しいパワーストーンを使うようにしましょう。
もし太陽光以外のことが原因で変色した場合には、浄化すると元に戻ることがあります。
石に適した方法で浄化してみましょう。

願いがかなったら
願いがかなったときには、そのパワーストーンの役目は終わったということです。
そのまま捨てるのではなく、土に埋めて故郷に戻してあげましょう。

複数の石を使いたいとき
パワーストーンはひとつだけではなく、複数の石を組み合わせて使うことができます。
相性のいいパワーストーンとそうではないパワーストーンがありますから、組み合わせるのであれば、相性のいい石同士を組み合わせるようにしましょう。

ほかの人にプレゼントしたいとき
パワーストーンは贈りものとしても最適ですね。
その人のイメージに合う石を選んでみましょう。
自分でその人のためにオリジナルのパワーストーンを作るのもいいですね。

もし、好きではない人からもらってしまったら、その石を使わないようにします。
嫌な人の邪気がその石に込められているため、使ってしまうと運気が下がってしまうからです。

近年パワーストーンがブームということもあり専門店も多く見かけるようになりました。
専門店で選ぶとパワーストーンについての知識を持っている人が接客してくれるお店もあります。
この知識を持つ人をパワーストーンセラピストと呼び、一般財団法人主催の立派な資格となります。
興味がある方は受けてみてはいかがですか?

このページの先頭へ